画像を拡大する

地域 Islands アイランド
蒸留年代 1995年12月
瓶詰年代 2017年4月
熟成年数 21年
アルコール度数 50.9%vol
容量 70cl
A Refill Hogshead 再貯蔵ホッグスヘッド樽シングルカスク(230リットル)
ボトラー Medowside Blending Co.Ltd. メドウサイド・ブレンディング
シリーズ The Maltman モルトマン
ボトルタイプ Limited: 限定品
  • NEW
  • オススメ
  • 限定品

TOBERMORY トバーモリ21年 1995 モルトマン 50.9%

通常価格(税込):
16,280
販売価格(税込):
15,070
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
商品コード:
106-19
商品概要:
特価品のためポイントは付きません。長期熟成のバーボン樽熟成の素晴らしいトバモリー。ウイスキーベイス高評価88点。ピートのニュアンスは同じ蒸留所のシングルモルトLEDAIGレデェグに比べて比較的控えめで、クリーミーでバニラの香味が豊かで、樽由来の長期熟成感がある素晴らしいボトル。
蒸留所/ブランド:
Tobermory(トバーモリ)
蒸留所/ブランドURL:
https://meadowsideblending.com/
関連カテゴリ:
アーカイブ 保管庫 (売切)
ボトラー瓶詰業者 > メドウサイド・ブレンディング Meadowside Blending
ボトラー瓶詰業者 > スコッチモルト販売 Scotch Malt Sales
ポイント: 0 Pt

メドウサイド・ブレンディング社


ハートブラザーズの創業者ドナルド・ハートが、息子のアンドリューと共に2009年グラスゴーで立ち上げた新しいボトラーです。アンドリュー氏はスプリングバンク蒸留所での勤務経験を経て、父とともにメドウサイド・ブレンディング社を立ち上げました。
ドナルド・ハート氏は、兄のアリステアと共に1964年に創業したハート・ブラザーズ社時代を含め、ウイスキー産業で60年を越える経験をもち、また、スコットランドの名前を高らしめた者に与えられる"a Keeper of the Quaich ”キーパー・オブ・ザ・クエイク"の称号を 1998年に授与されています。
同社オリジナルブランド「ザ・モルトマン」「ザ・グレーンマン」によってシングルモルト、シングルグレーンウイスキーを瓶詰、発売し、商標を受け継いだブレンデッド・ウイスキー「エクスキャリバー」や、ウォッカ等も手がけています。


会社草創期のため、価格が安価に設定されており、ウイスキー愛飲家にとっては、高品質の優れたウイスキーがお買い得価格を手に入れることができる、ボトラーの一つです。


 


Tobermory 21年 1995 50.9% 


長期熟成のバーボン樽熟成の素晴らしいトバモリー(Whiskybase 高評価88.3点/100)


比較的ピートのニュアンスは控えめで、クリーミーでバニラの香味が豊かで樽由来の長期熟成感がある。


蒸溜年:1995年12月
ボトリング年:2017年4月
カスク:リフィル・ホッグスヘッド No.1889                                    


瓶詰本数292本


香り: 藁、草、モルト、バニラ、黄色い果実の香りが前面に出てくる、マンゴー、バナナ、柑橘類、ミカン、ブドウ、ビターオレンジの皮


味わい:力強い、とてもクリーミー、バニラが豊か、麦芽、黄色い果実のコクのある味、ピリッとした樫樽由来の味わい


後口:やや苦い、ビターオレンジの皮、アルコールの刺激はすぐに去り、バニラを基調とした味わいが永く残る


 


TOBERMORY DISTILLERY トバーモリ蒸留所    所在地


創業:1798年


1930年 - 1972年 閉鎖


1972年 - 1975年 操業 


1975年 - 1978年 閉鎖


1978年 - 1981年 操業


1982年 - 1989年 閉鎖


1989年 - 現在   操業


1993年 Burn Stewart 社が買収 (1990年には Deanston Distillery を買収済み)


2002年   CL Financial 社(トリニダード・トバゴ)がBurn Stewart社を買収


2003年   Bunnahabhain DistilleryBlack Bottle ブランドを買収 


2013年  現オーナーDistell 社(南アフリカ)がBurn Stewart社を買収 

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品の特徴

トバーモリー蒸留所のポットスティル

蒸留器は4器。サイズは標準的なサイズで、初留器が20,000ℓ、再留器が18,000ℓ。型はボール(バルジ)型


ボール(バルジ=底部とネックの間にある風船のような膨らみ)の役割                                   初留器には、モロミが濾過されずに投入されるため、酵母などの様々な内容を含んだ状態になっており、加熱されることで、酵母からアミノ酸や脂肪酸エステルなどが溶出し、それらにより泡立ち状態の泡沫相ができる。そこでは、含硫アミノ酸分解など酒質を強めるような反応が起こり、複雑な反応が起こっているが、その泡沫が破裂することで、霧状ミストになる。そのミストには本来蒸留されないような高沸点成分や固形成分が含まれており、そのミストの発生量をコントロールすることが初留の重要な作業となる。そのミストの原因となる泡立ち具合を目視するために、釜の中を見ることができる「サイトグラス」が取り付けられている。ノックデュでは珍しく2つのサイトグラスが付けられている。


また、釜の中で銅を触媒として様々な香味成分が形成される他、アルコール蒸気中に含まれる硫黄化合物と銅が反応することで、不快な香気成分である硫化メチルや二硫化メチルなどの「オフ・フレーバー」を除去・分離できる。一例としては、硫化水素(腐った卵臭)に酸化銅が反応して硫化銅(黒い固形物)と水が生じて、硫化水素が取り除かれる。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

Category

オールドリバー