画像を拡大する

蒸留年代 1970年代中頃まで
瓶詰年代 1970年代中頃まで
アルコール度数 25%vol
容量 1 Litre
ボトラー Campari
ボトルタイプ Old: オールドボトル

Campari Bitter カンパリ・ビター 1970年代イタリア流通品

販売価格(税込):
25,357
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
商品コード:
L-16
商品概要:
イタリアの苦味薬草種「アマーロ」に属する、カンパリ・ビターの1970年代前半流通ボトルです。<ご注意下さい> このボトルは店主のコレクションをお譲りするものです。表示価格はこのボトルの価値を知って頂くための目安です。定額の商品代金ではありませんので、ご注文時にPayPalで決済しないようご注意下さい。ご希望の場合は、お譲りしますので、まずお問い合わせ下さい。
蒸留所/ブランドURL:
https://www.campari.com/
関連カテゴリ:
アーカイブ 保管庫 (売切)
ポイント: 0 Pt

<ご注意下さい>


このボトルは店主のコレクションをお譲りするものです。表示価格はこのボトルの価値を知って頂くための目安です。定額の商品代金ではありませんので、ご注文時にPayPalで決済しないようご注意下さい。ご希望の場合は、お譲りしますので、まずお問い合わせ下さい。


Campari Bitter 


カンパリ(カンパーリ、Campari)とは、苦味のあるタイプのリキュールの銘柄の1つである。液色はく、アルコール度数は25度エキス分は19%。イタリアで生産されている。イタリア語で「苦い」を意味する語が「アマーロ、Amaro」なので、アマロ系のリキュールに属する。 2017年6月6日、アサヒビールが日本国内での販売権を獲得、2017年9月1日から発売することを発表した。


イタリアトリノバーテンダーをしていたガスパーレ・カンパーリ(Gaspare Campari)が開発し、1860年、当時の流行に乗って「ビッテル・アルーソ・ドランディア」(Bitter All'uso d'Hollandia、オランダ風苦味酒)と名付けて売り出した。その後息子のダーヴィデ・カンパーリ(Davide Campari)が「カンパリ」と名前を変えた。現在の製造元はダヴィデ・カンパリ社。なお、カンパリ社は、ベルモットチンザノウォッカスカイウォッカなどを傘下におさめる、酒造業界の一大グループとなっている。


カンパリの製法は明らかではないが、ビター・オレンジキャラウェイコリアンダーリンドウの根など、60種類にのぼる材料が使われていると言われる。リキュールの中ではビター系リキュール(アマーロ)に入る。


鮮やかな赤い色と苦味を特徴としており、通常何かで割って飲んだり、カクテルのベースとして使われたりすることが多いが、ストレートでも飲むことができる。イタリアでは白ワインと1:1で割って飲むことが多い。


着色料として長らくカルミン酸色素=コチニール(エンジムシから取れる染料)が使用されていたが、2007年10月以降は代替着色料として赤色2号青色1号黄色5号を使用したロットに切り替わったため、該当する食品添加物の摂取を避けている場合には注意が必要である。


その他、カンパリ社ではベリー類のリキュールである「コーディアル・カンパリ」という製品を出していた。色は無色透明であり「カンパリの白」とも言われたが、現在は販売を終了しており一般での入手は難しくなっている。

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品の特徴

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

Category

オールドリバー