画像を拡大する

地域 Speyside スペイサイド
蒸留年代 1982年6月24日
瓶詰年代 2006年-2007年
熟成年数 23年
アルコール度数 46%vol
容量 70cl
シングルカスク 番号3971
ボトラー Direct Wines
シリーズ FIRST CASK
ボトルタイプ Old: オールドボトル

消滅蒸留所 Imperial インペリアル24年 1982年6月24日 First Cask

販売価格(税込):
32,395
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
商品コード:
405-7
商品概要:
消滅蒸留所インペリアル24年。蒸留は1982年で、瓶詰は2006年あるいは2007年。シングルカスクから瓶詰。樽番号3971、ボトル番号110番。1998年操業停止、2013年建物解体・消滅。現在インペリアルの跡地では、ペルノリカール社が自社のブレンドウイスキー供給源としてダルムナック蒸留所をが稼働中です。
蒸留所/ブランド:
Imperial(インペリアル)
蒸留所/ブランドURL:
https://www.directwinesinc.com/
関連カテゴリ:
閉鎖/消滅蒸留所
アーカイブ 保管庫 (売切)
ボトラー瓶詰業者 > ファースト・カスク Direct Wines
ポイント: 0 Pt

消滅蒸留所 Imperial インペリアル  所在地


1897年 Thomas Mackenzieが創業(当時、Talisker タリスカー蒸留所Dailuaine ダレユーアン蒸留所を所有)


1916年 DCL ( Distillers Company Limited ) が買収 DCLは、W.P. Lowrie, Johnnie Walker and Dewar's.の合体企業


1925-1955年 操業停止


1955年 SMD ( Scottish Malt Distillers ) が経営


1965年 蒸留器を2器から4器に増設し、サラディン・ボックス式製麦器を導入


1985年 操業停止


1986年 UD ( United Distillers ) に売却


1989年 Allied Distillers が買収し、操業再開


1998年 操業停止


2005年 Pernod Ricard / Chivas Brothers が Allied Domecq を買収し、インペリアル蒸留所の所有者となる。


操業停止状態であったインペリアル蒸留所について、所有者である Pernoid Richard 社が「今後、操業再開や改築などは行わない」と発表。


2013年 施設・建物を解体 


所有者の Chivas Brothers が、今後、インペリアル蒸留所の跡地に、全く新しい蒸留所を建設する可能性を示唆したが、一端撤回。その後、新蒸留所の建設を発表し、建設を開始。


2014年 ダルムナック蒸留所が操業を開始


 


 

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

Category

オールドリバー