画像を拡大する

地域 Speyside スペイサイド
蒸留年代 BENROMACH 2010年, KILKERRAN 2016年
瓶詰年代 BENROMACH 2017年, KILKERRAN 2020年3月
熟成年数 BENROMACH 6-7年, KILKERRAN 4年
アルコール度数 BENROMACH 43%vol, KILKERRAN 46%
容量 70cl×2本
BENROMACHヴァージン・アメリカン・オーク, KILKERRANバーボン80%シェリー20%
ボトラー BENROMACH/Gordon & Macphail, KILKERRAN/GLENGYLE
シリーズ BENROMACH/ORGANIC. KILKERRAN/PEAT IN PROGRESS
ボトルタイプ Limited: 限定品

歳末特別セール KILKERRAN HEAVILY PEATED BENROMACHオーガニック

通常価格(税込):
17,974
販売価格(税込):
15,730
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
商品コード:
8-5-2 set
商品概要:
特価品のためポイントは付きません。有機大麦および有機オーク材を使用した樽で熟成した完全有機オーガニック・ウイスキーは2006年発売。カラ松製の発酵槽、プレーン型の蒸留器、ダンネージ式3段積みの熟成庫など伝統的な様式に則りながらも新たな試みにチャレンジするGM社。スプリングバンク第2蒸留所とも言えるグレンガイル蒸留所のヘビーピーテッドウイスキー。2016年蒸留原酒が毎年少量ずつリリースされています。
蒸留所/ブランド:
Benromach(ベンロマック)
蒸留所/ブランドURL:
https://hartbrothers.co.uk/
関連カテゴリ:
ボトラー瓶詰業者 > ゴードン & マクファイル社 Gordon & Macphail
ボトラー瓶詰業者 > ウイスク・イー Whisk-e
ポイント: 0 Pt

ベンロマック蒸留所 オーガニック ORGANIC


有機大麦と無農薬で育てたオークを使用した樽で熟成した真の有機ウイスキー 


ジム・マーレイ著書の「ウイスキーバイブル」2018年度版にて、リキッド・ゴールド賞 超高得点の95.5点を獲得!
ベンロマック蒸留所のオーナーGordon & Macphail ゴードン&マクファイル社が、原材料の栽培から蒸留、ボトリングにいたるまでの、全てにおいて英国土壌協会が厳格に定める基準を満たし、その認証を得ており、生産の全工程において細部まで徹底管理されたこだわりの商品。

原料や酵母だけでなく樽のかけらやウイスキーのサンプルまで、商品化までの全工程が検査対象になっています。世界で初めて認定を受けた、正真正銘のオーガニックモルトウイスキーです。同協会認可を示すマークが、外装缶の後部についています。

 

こちらのボトルは並行輸入品ではなく、ゴードン&マクファイル社と日本国内での正規代理店販売契約を結んでいるジャパンインポートシステム社による正規輸入品です。

 

<テイスティングノート>
色合い:オーク新樽由来の金色に輝くブラウン。

香り:麦の香りから始まり、息を吸い込むとバニラやトフィー、バナナの風味が加わります。
味わい:クリーミーな味わいに胡椒、甘いフルーツ、とりわけ熟れたバナナの味わいが広がります。
加水するとコーヒーやココアの香ばしさが加わり、見事なバランスの味わいから滑らかで長いフィニッシュへと続きます。

 

 

SOIL ASSOCIATION 英国土壌協会

イギリスのオーガニック製品の認証機関。
「健康な土壌が健康な植物を育み、それが健康な体を生んでいく」

との基本理念をもとに1946年英国土壌協会として設立。


本部は、英国のブリストル。
設立から50年を超えた今では、イギリスのオーガニック製品の
約80%がソイル・アソシエーションの認定を受けています。

ECの一般的なオーガニック基準よりも項目が細かく、多岐にわたっており、

1つ1つの項目に関わる審査が厳しい事でも有名な団体とのことです。

 

Benromach ベンローマック蒸留所 (ローマック山)

所在地 Invererne Road, Forres, Moray, IV36 3EB


Gordon & Macphail(GM社)に所有権が移ってから蒸留器は小さい蒸留器に新調されたにもかかわらず、1950年代以降、Distillers Company Ltd、United Distillers が製造してきたウイスキーと似ている。このことはスコッチ業界のミステリーのひとつで、蒸留所を取り巻く微妙な環境が原因ではないかという、推考もされている。


GM社は、ピート使用量を増やして燻した麦芽を使った製品や、有機原料と天然樽 (Virgin American Oak) を使ったオーガニック・ウイスキーや、酒精強化ワイン樽を後熟に使った各種のフィニッシュものをリリースしており、それらが成功したことによって、GM社はその方向に一層、力を注いでいる。


製造能力 年間13万5千リットル(ピュア・アルコール換算)


発酵時間 3-5日


シングルモルトとしての使用率 98%(2%がブレンドウイスキー用)


1回の製造工程(one batch)で使用する粉砕麦芽の量 1.5トン


麦芽のフェノール値 12ppm


水源 Romach Hills ローマック丘のチャプルトンの泉


糖化槽 セミローター式(*写真参照)


麦汁の透明度 曇っている(*麦汁が曇っていると、比較的重厚なスピリッツができる)


酵母 ディスティラリー酵母(蒸留酒用酵母)とブリューワーズ酵母(醸造酒用酵母)の併用


麦芽 スコットランド国内産大麦から製麦したものを、Bairds社、Crisp社、Boornalt社から調達  


発酵槽 唐松(カラマツ)製 4槽(合計1万1千リットル) 


初留釜 プレーン型1器 / 容量1万リットル / 仕込量7,500リットル


再留釜 ボール型1器 / 容量6,000リットル / 仕込量4,500リットル


加熱方式 間接式 水蒸気パネル 加熱


冷却器 シェル&チューブ


ニューメークスピリット度数 70%


樽詰度数 63.5%


熟成庫 ダンネージ式3庫(8千樽を貯蔵)


1898年 創業 Duncan McCullam と F.W. Brickmanが、当時の大手ウイスキー商 Alexander Edward から、マレイシャーのフォレスの土地を借りて蒸留所の建設を開始


1900年 蒸留所の建設が完了し、操業開始したが、すぐに操業停止。


* その後、所有者が、Macdonald Greenlees, Joseph Hobbs, National Distillers of America, DCLへと変わっていく。


1907年 Duncan McCullam が Forres Distillery 「フォレス蒸留所」と名称変更し、操業再開


1910年 操業停止~1918年第一次大戦終戦まで


1931年 操業停止


1938年 Joseph Hobbs(Lochside ロッホサイド蒸留所オーナー)が買収


1953年 Distillers Company Ltd.が買収。フロアーモルティング取り止め。


1983年 ウイスキー業界不況で多くの蒸留所と共に閉鎖


1993年 Gordon & Macphail ゴードン&マクファイル社が買収


1998年 チャールズ皇太子臨席の下、蒸留所操業再開記念式を開催し、操業再開


1999年 観光案内所を設置


2006年 ベンロマック オーガニック Organic 発売開始


2009年 ベンロマック10年を発売開始


2018年7月4日 Red Door Gin 発売開始


 


◆ キルケラン ヘビリーピーテッド バッチ3 KILKERRAN HEAVILY PEATED


2016-2020年。フェノール値84ppm麦芽 ピート・イン・プログレス”シリーズ第3弾 70cl  46%


84ppmのヘビリーピーテッド麦芽を使用した“ピート・イン・プログレス”シリーズの第3弾です。

ヘビリーピーテッドのファーストヴィンテージとなる2016年蒸溜の原酒のみを使用。
年に2回、熟成期間を伸ばしながらのリリースで、キルケランの成長をお楽しみいただけます。
今回のバッチは、バーボン樽が80%シェリー樽が20%使用されています。

香りはシトラス、ピートでスモークしたアップル。
潮の香りと焼きマシュマロ、イエローフルーツ、ダンネージの土の香りが広がります。
味わいはビスケット、バター、リコリスやフェンネル。フルーティなピートスモークが徐々にドライに変化し、アップルパイの甘味と混ざり合います。
フィニッシュに再びピートが現れ、長い余韻が続きます。

今回のバッチはバッチ2と比べ、モルトと潮の風味が強く感じられ、バッチを重ねる毎に変化する味わいがお楽しみいただけます。
世界で9,000本のリリースで、日本への入荷は600本です。


★キルケラン(Kilkerran)
キルケラン(Kilkerran)はキャンベルタウンに2004年にオープンした「ミッチェルズ・グレンガイル蒸溜所」のシングルモルトウイスキーです。
グレンガイルは、1925年に閉鎖されたオリジナルと同じ敷地に立てられています。
姉妹蒸溜所であるスプリングバンクでフロアモルティングしたライトピート麦芽(約15ppm)を使用し、
2回蒸溜でつくられるキルケランの生産量は10万リットルほどで、
年に3ヶ月ほどスプリングバンクの職人により蒸溜されています。

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品の特徴

Benromach ベンロマック蒸留所

創業1898年


1983年 オーナーのDistillers Company Ltd.が閉鎖を決定


1992年 Gordon & Macphail が買収


 


 

糖化槽 セミローター式

写真は、スプリングバンク蒸留所のセミローター式糖化槽の中の写真


1970年代から使われるようになった、マッシュタン(糖化槽)の中の粉砕麦芽と水の混合物を攪拌するための器具。


糖化槽の中心に軸が垂直に固定されていて、その軸から水平に棒が伸びていて、その棒に熊手が5つ付いている。


棒自体は軸を中心に360度水平に回転し、熊手が棒を中心に上下に回転する仕組み。


 

蒸留器 初留・再留、各1器

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

Category

オールドリバー