画像を拡大する

ボトルタイプ Limited: 限定品

Page for Payment of Order

販売価格(税込):
7,700
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
商品コード:
03082021
商品概要:
This page is for the payment of order, Laphroaig Darkness 15 year old 2004 and Laphroaig Cairdeas 2018 mini bottle set.  
蒸留所/ブランド:
Laphroaig(ラフロイグ)
関連カテゴリ:
ミニチュア
注文代金 支払用画面
ポイント: 0 Pt

Mini Bottle Set Offer, two bottles of; 


◆Laphroaig Darkness 15 year old 2004 1st fill sherry cask → Pedro Ximenez sherry octave 48% 100ml


◆Laphroaig Cairdeas 2018 1st fill bourbon barrel → fino sherry cask 51.8% 100ml 


 


Darkness ダー クネス Laphroaig ラフロイグ2004 15年
48.0% 100ml


ダークネス
ダークネスは「ブティックウイスキー」で知られるアトムブランズのブランドです。
シェリーバットの約1/10サイズ(60リッター)に組み替えたファーストフィルシェリーのオクタブでフィニッシュ。繊細さ、落ち着き、優雅さとは対照的な「力強さ」、「濃厚さ」、「ボリューム感」を楽しむシリーズです。


ダークネス ラフロイグ2004は1stフィルのシェリーカスクで熟成後、オクタブサイズに特別に組み替えられたペドロヒメネス(PX)シェリー(極甘口)の空き樽で追加熟成を行いスモールバッチでボトリングした15年熟成です。

色はマホガニー。
香りはスモークしたドライフルーツ、ピートスモークに磯辺の塩が混ざり合い、ヴィンテージレザーが加わります。
味わいはレーズンやデーツ、ブラウンシュガーといったシェリー樽由来のドライフルーツの味わいが広がり、ゆっくりとピートスモークに包みこまれます。
フィニッシュにカカオ、オークがピートスモークと共に混ざりあい、かすかに磯の香りが鼻を抜けて行きます。

シェリー樽での熟成によって、ラフロイグの持つピートの風味と樽由来のドライフルーツの味わいが見事に調和した1本です。
ぜひこの機会におたのしみください。<限定204本>


 


LAPRROAIG ラフロイグ CAIRDEAS 友情 2018 


1st Fill ex-Bourbon & Fino Sherry Casks


 51.8% 100ml 


ボトリング数30,000本


アイラ島で毎年5月に行われるアイラフェスティバルに合わせて、2018年に発表された「ラフロイグ カーディス フィノカスクフィニッシュ」。


ラフロイグの「カーディ ス」は、1994年に設立された「フレンズ・オブ・ラフロイグ クラブ」というラフロイグの愛飲家の会員向けに、年に一回リリースされる限定シリーズ。
2018年ボトルは、 ファーストフィルバーボンバレルで熟成した後、ドライシェリーの代名詞であるフィノが貯蔵されていた樽にて二重熟成された逸品です。


◆ whiskybaseの評価499人の平均で85.98点と高評価ボトルです。


90年代までの昔のラフロイグの味わいをよく知っている年配の方の中には、最近の ラフロイグのオフィシャル・スタンダード品を敬遠して買わなくなった方が多々おられます。最近のものには、未熟成感と強すぎる樽の影響に よって、アンバランスさが感じられると言います。


そういう年配のある方のこのボトルのテイスティングをご紹介します。


その方によると、このボトルは、43%ぐらいに加水すると良いということです。ストレートで飲むと、最初の印象としてはアンバランスさが感じられるが、加水して43%位にして、口の中に永く留めておくと、バナナ、アン ズ、ハーブが感じられるようになり、また、加水により滑らかになり、ヒースの蜂蜜の甘さや大麦由来の甘さが感じられるようになり、アンバランスさが解消されるとのことです。


アイラモルトらしい潮を伴うスモーキーさに、フィノ特有のローストアーモンド のような独特な味わいが微かに加味された、スタンダード品とは異なる独特のラフロイグになっています。


 


Laphroaig ラフロイグ蒸留所 所在地


創業は1815年ということになっています。


しかし、すでに1810年頃にAlexander and Donald Johnston が同地で農業を始めた際に、蒸留所を建てていたという噂がある。


1826年 税務署により蒸留所として正式認可


1954年 Ian William Hunterの遺言で、秘書だった Elisabeth (Bessie) Williamson が所有者となり、Johnston 家による家族経営の歴史が終了


1964年 蒸留器を4器から6器に増設


1972年 Elisabeth (Bessie) Williamson 引退、蒸留器を1器増設し、7器となる


2004年 Quarter Cask 発売 (クォーターカスク の中身はだいたい100リットルで、約5年熟成したものがブレンドされていると言われている)


2005年 Fortune Brands (Beam Global Spirits & Wine.の子会社)が買収


2008年 CAIRDEAS カーチェス発売


2009年 ラフロイグ15年終売→18年に切り替え


2014年 Beam Global Spirits & Wine.を サントリーが買収し、オーナーとなる。


(ボウモアとともにアイラ島の2つの蒸留所がサントリーの所有となった)


2015年 創業200年 記念ボトルを発売(15年、32年sherry ) 

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品の特徴

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

Category

オールドリバー