画像を拡大する

地域 Islands アイランズ
蒸留年代 2010年
瓶詰年代 2020年
熟成年数 9年
アルコール度数 55.5%vol
容量 70cl
a single refill hoghsead 250リットル
ボトラー Douglas McGiibbon ダグラスマッキボン社
シリーズ Clan Denny デニー氏族
ボトルタイプ Limited: 限定品

Talisker タリスカー9年 2010 Clan Denny 輸入元完売 ラスト1本  

販売価格(税込):
18,103
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
商品コード:
136-5
商品概要:
Clan Denny タリスカー9年。タリスカー蒸留所はシングルモルトではトップ10に入る人気蒸留所。ジョニ黒のキーモルトとしても有名。「宝島」の作者スティーヴンソンが「酒の王者」と評したことでも知られている銘酒。ボトラーからのリリースは非常に希有です。【テイスティング ノート】ピート、潮の香り、ローストベーコン。たぶん小売市場に残るラスト1本。
蒸留所/ブランド:
Talisker(タリスカー)
蒸留所/ブランドURL:
https://www.douglasmcgibbon.com/clan-denny
関連カテゴリ:
アーカイブ 保管庫 (売切)
ボトラー瓶詰業者 > ダグラスレイン社 Douglas Laing
ポイント: 0 Pt


ボトラーズとして70年続く氏族が掲げる
「シングルカスクブランド」


「クランデニー」は、ボトラーズとして70年続くダグラス・マクギボン社が


その氏族の遺産ともいうべき信頼と名誉を掲げて、熟成のピークを迎えるシングルモルト原酒を


厳選しシングルカスクのみでボトリングしたシングルカスクシリーズ。


 


Douglas McGibbon & Co.  ダグラスマッキボン社


ゴルフ用具ボトルで有名なダグラス・マッキボン社はダグラスレイン社の子会社です。


ダグラス・マッキボン氏は1890年代にアイラ島からスコットランド本土のグラスゴーに渡りました。


その孫娘の夫に当たる モラグ・マッギボン氏が、ダグラス・マッギボン氏の名前を取って1947年に会社を組織しました。


マッキボン家は母方の家の力が大きく、その後も、経営に大きく貢献しています。


ダグラス・マッキボン社は元々、ダグラスレイン社の子会社として組織され、1950年に正式に子会社となりました。


1976年に、ゴルフ用具ボトルを発売開始。


ゴルフ用具ボトルが、会社の主力商品として会社発展に繋がりました。


1990年には、輸出に貢献した企業に与えられる「エリザベス女王賞」を受賞。


2013年のダグラスレイン社がハンターレイン社と2社に分社した際には、ダグラスレイン社に引き継がれました。


 


Talisker タリスカー蒸留所   所在地


ジョニ黒のキーモルトとして有名


熟成樽は、基本的に、プレーンオーク、再々使用のホッグスヘッドを主に使用する。それによって、バーボンやシェリーなどの他の酒の影響が原酒に乗らないように熟成されている。


1928年までは3回蒸留を行っていた。


所在地は、スカイ島のロッホ・ハーポートの Carbost カーボスト


ゲール語 Talisker の意味は「傾いた斜面上の大岩」


取水源は、Cnocnam Speireag Burn (蒸留所背後の丘の上の小川)


麦芽のピートによる燻蒸はミディアム (medium peated)


発酵槽は木桶


蒸留器は5器。初留釜バルジ型2器、再留釜ストレート(プレーン)型3器。


初留器の容量は10,400ℓ、再留器の容量は7,400ℓ。


初留器にはラインアームの形状がユニーク。途中2度ほど上下に曲げられており、そこから細いパイプが伸びていて、液化されたアルコールが初留釜に環流し、再蒸留される仕組みになっている。


冷却槽(コンデンサー)は、古式のウォーム式で、重厚な酒質ができる。


年間生産能力:330万リットル/年。スコットランドの蒸留所で50番目(2019年度)、最大のグレンリベット蒸留所の約1/6。ディアジオ社のクラッシック・モルツにアイランズを代表する蒸留所として選ばれており、その中では生産能力は最大


シングルモルトとしての販売数は多く、トップ10に入る人気蒸留所。


スコットランド出身の作家「宝島」のスティーブンソンは、タリスカーを「酒の王のひとつ」に挙げています。


「エジンバラ・パブ・ガイド」の作者で、ボトラー The Whisky Connoisseurs の経営者 Arthur J.A. Bell氏(あのベル社の創業者と同名)は、2015年に自らの最期の病床の窓辺にタリスカーを置いて、見舞客が来たらそのボトルを指さしたそうです。


 


【蒸留所の歴史】


1825年 蒸留所の起源。スカイ島の地主 Hugh and Kenneth MacAskillがタリスカーの家と広大な土地の地権を手に入れ、小作人を Loch Harport ロッホ・ハーポートと Portnalong ポートナロングに強制移住させたり、不用な住人を島から追い出し、羊と交換する人身売買で財を得たことに始まる。


小作人から取り立てる小作料と、もう一つの収入としたのが、小作に不用な住人をCarbostに移住させて労働に従事させたウイスキー製造販売だった。


1830年 Hugh and Kenneth MacAskill が タリスカー蒸留所を創業


1848年 Hugh and Kenneth MacAskill破産、地権と所有権を北スコットランド銀行が所有


1857年 北スコットランド銀行がタリスカー蒸留所を500ポンドでDonald MacLennanに売却


1867年 グラスゴーの Anderson & Coが買収


1879年 Anderson & Co.の John Anderson が詐欺で逮捕される(顧客を欺してウイスキーを渡さず代金を詐取)


1880年 Alexander Grigor Allan と Roderick Kemp がタリスカーを買収


1892年 Roderick Kemp がタリスカーの持株を売却し、マッカラン蒸留所の建設費に充てる。


1894年 Alexander Grigor Allan が The Talisker Distillery Co.を設立


1895年 Alexander Grigor Allan が逝去し、Thomas Mackenzie が経営を引き継ぐ。


1898年 Dailuaine-Glenlviet Distillers Imperial Distillers と合併し、Dailuaine-Talisker Distillers Co.を設立                              


1916年 Thomas Mackezieが逝去し、Johnnie Walker & Sons を中心とした合同企業が買収


1928年 3回蒸留を取り止め


1960年 蒸留所火災で休業および修復(~1962年)


1972年 自家製麦を取り止め、Glen Ordから麦芽を調達


1988年 Unitede Distillers の six Classic Malts の1つとなり、タリスカー10年を発売開始(このボトル)。観光案内所を開設。


1998年 糖化槽1槽を新設し、ウァーム式冷却槽5槽を新設


2004年 タリスカー18年をオフィシャルボトルとして発売開始


2005年 タリスカー175周年を発売


2008年 Non Age Statement 熟成年数表記無 タリスカー57°を発売


2013年 タリスカーSTORM、DARK STORM、PORT RUIGHEを発売。観光案内所を100万ポンド(約1億5千万円)をかけて改修。


 


【ブレンドウイスキー】


ジョニーウォーカー黒ラベル


ウイリアム・マックスウェル


Six Isles 六島


キングジョージ4世(終売、商標権は Diageoが所有)


ハイランドネクター(終売、商標権は Diageoが所有)


 

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品の特徴

タリスカー蒸留所の蒸留器

左の2器が、合計3器あるストレート型の再留器(ローワイン・スティル)のうちの2器


右2器がバルジ(膨らみ)型初留器(ウォシュ・スティル)


初留器は、途中2度上下に曲げられたラインアームの形状に特徴があります。


写真では、建物の壁の近くで下に向かい、建物の外に出るまでのラインアームが写っています。もう一つの曲がりは建物の外にあります。そこから細いパイプが伸びていて、液化されたアルコールが釜部に環流し、再蒸留される仕組みになっています。その細いパイプも2度、上下に曲がっているのが写真で見えます。


また、タリスカーには、2つのサイトグラスが付けられています。


初留釜には、モロミが濾過されずに投入されるため、酵母などの様々な内容を含んだ状態になっており、加熱されることで、酵母からアミノ酸や脂肪酸エステルなどが溶出し、それらにより泡立ち状態の泡沫相ができます。そこでは、含硫アミノ酸分解など酒質を強めるような反応が起こり、複雑な反応が起こっていますが、その泡沫が破裂することで、霧状ミストになります。そのミストには本来蒸留されないような高沸点成分や固形成分が含まれており、そのミストとの発生量をコントロールすることが初留の重要な作業となる。


そのミストの原因となる泡立ち具合を目視するために、釜の中を見ることができる「サイトグラス」が取り付けられているが、タリスカーには上下2つのサイトグラスが付いており、それによって、ミストの発生量を十分監視していることが伺われます。

Classic Malts 1990年代 スペイン免税店発売品

Talisker タリスカー蒸留所

ダグラスマッキボン社のゴルフ用具ボトル

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

Category

オールドリバー