画像を拡大する

地域 Islay アイラ島
蒸留年代 2008年
瓶詰年代 2020年
熟成年数 12年(カリラ、リンクウッド、ディーンストン)8年(ウイリアムソン)
アルコール度数 カリラ55%, カリラ58.5%, リンクウッド58.2%, ディーンストン58.3%, 60.5%
容量 70cl×5本
ディーンストン(バーボンバーレル)、それ以外(バーボンホッグスヘッド)
ボトラー スリーリバーズ、スコッチモルト販売、クルーシャルドリンクス社
シリーズ 恐竜、Distilleries Collection、ジェネラルウイスキートレーダーズ,
ボトルタイプ Limited: 限定品

5本セット CAOL ILA ダイナソー, ディスティラーズセレクション,GWT3本

販売価格(税込):
69,960
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
商品コード:
114-22
商品概要:
日本の先駆けボトラーズシリーズとして、ブランドがスタートしてから20余年を数え、 数多くのシングルモルトの秀逸の一樽をリリースしてきたスコッチモルト販売の「ディスティラリー・コレクション」。常に優れたモルトのみを選別して消費者に届けてきたスリーリバースの「ダイナソー」。グラスゴー大学博士の助言を受けながら製品を世に出す品質重視を信条としたクルーシャルドリンクス社「ジェネラルウイスキートレーダーズ」
蒸留所/ブランド:
Caol Ila(カリラ)
蒸留所/ブランドURL:
https://www.mhdkk.com/en/brands/caol_ila/
関連カテゴリ:
アーカイブ 保管庫 (売切)
ボトラー瓶詰業者 > スリー・リバーズ Three Rivers
ボトラー瓶詰業者 > スコッチモルト販売 Scotch Malt Sales
ボトラー瓶詰業者 > ロストディスティラリー・カンパニー Lost Distillery Company
ポイント: 0 Pt

Caol Ila 2008 12年 Distilleries Collection スコッチモルト販売


Hogshead 55% 700ml


ディスティラリーズ コレクション カリラ 2008 12年 ホーグスヘッド 55%


蒸留年:2008


熟成年:12年


アルコール度数:55%


容量:700ml


【輸入元スコッチモルト販売:テイスティングコメント】


しっかりとしたヨード感、潮の香り、海草、ロースト香が広がる。麦芽の甘みから塩っぽさ、ピート感。スモーク香が強くヨード、ピートが残り、締めの一杯に最適。


 


Caol Ila 2008 12年 Dinasor 恐竜 スリーリバーズ


Hogshead 58.5% 700ml


今回のラベルに描かれた恐竜はレプトケラトプス。


北アメリカ大陸西部の白亜紀後期に生息した草食恐竜、


体長は約2mで名前の由来はギリシア語の「角のある痩せた顔」の意味だそうです。


このカリラ2008は、シャープなスモークの奥には燻製ベーコンやレモンピールの美味しそうな酸味、


ボディはモルティな甘みに、たっぷりのヨードと塩レモン!


ストレートはもちろん、贅沢にハイボールでも楽しみたいですねー。


 


カリラ CAOL ILA 


カリラ


アイラ海峡を望む地で生まれる
軽やかかつスモーキーなシングルモルト


カリラとはゲール語で「アイラ海峡」。
アイラ島とジュラ島を隔てる海峡で、その周辺はスコットランド西岸において、風光明媚な地域です。
この奥まった入り江に建つカリラ蒸留所は近年非常に人気が出ている注目の蒸留所です。
地域:アイラ島、スコットランド


取水源は、ナム湖から流れ出る川


麦芽は ピートによる燻蒸を強く行う。


発酵槽は木桶8槽、スチール2槽の計10槽


蒸留器のサイズは、初留20,000ℓ、再留12,000ℓ。型はストレート(プレーン)型 計6器


1846年 アイラ島の東岸 Port Askaig アスケイグ港の側にHector Hendersonによって設立


1857年 Bulloch Lade社が買収し、港に桟橋を設置


1927年 Distiller Company Limitedが買収し、Bulloch Lade社がDCLの子会社として蒸留所を経営


1972年 熟成庫を除き、オリジナルの蒸留器2器を取り壊し、全く新しく6器の蒸留器を設置し蒸留所を改装。アイラ島最大の蒸留所となる。当時はシングルモルトのマーケットが無く、親会社DCLのブランドであるジョニーウォーカーのブレンド用として生産されていた。


1980年代 ウイスキー業界の不況時代に、ブレンド用に、ハイランドスタイルの unpeated malt whisky を製造。以来、毎年、unpeated モルトウイスキーの製造は継続されている。


1999年 unpeated 麦芽による本格的な製造実験を開始


2002年 Diageoがオフィシャル12年を発売


2011年 一時製造を中止し、糖化槽(マッシュタン)と発酵槽(ウォッシュバック)を増築し、年間620万リットル製造可能となる増産体制が整う。休業中は、ブレンド用として納品する必要があった peated モルトウイスキーは、隣接蒸留所のブナハーブンが替わって製造した。


 


GENERAL WHISKY TRADERS 


リンクウッド12年2008、ディーンストン12年2008、ラフロイグ(ウイリアムソン)8年2012


Ainneamh シリーズを引き継ぐ GENERAL WHISKY TRADERS。春に相応しいリンクウッドをご案内します。グラスゴー大学薬学部博士のアドバイスを受けながら製品を世に出す徹底した品質へのこだわりから生まれるモルトウイスキーをご体験下さい。


 

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品の特徴

カリラ蒸留所 アイラ島 スコットランド 所有者 DIAGEO社

エルギンのGM社 熟成庫

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

Category

オールドリバー