画像を拡大する

地域 Speyside スペイサイド
蒸留年代 2010
瓶詰年代 2021
熟成年数 11年
アルコール度数 48%vol
容量 70cl
1st Fill Sherry Hogshead Finish
ボトラー Global Whisky Limited
シリーズ Auld Goonsy's Malt
ボトルタイプ Limited: 限定品
  • NEW
  • 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品

Mannochmore 11年 2010 GLOBAL WHISKY ファーストフィルシェリーHHD

販売価格(税込):
12,012
数量:
商品コード:
45-13
商品概要:
食前酒として定評のある銘酒マノックモア。1971年ヘイグのブレンド用モルトウイスキー製造目的で創業、スピリッツの性格は際立つ華やかさ、軽やかさ。花の香りと麦芽の香味。グローバルウイスキー社の看板シリーズ「オールドグーンシーズ(グーンシー爺)モルト」シングルカスク&ノンチルフィルター。
蒸留所/ブランド:
Mannochmore(マノックモア)
蒸留所/ブランドURL:
https://globalwhisky.com/
関連カテゴリ:
スコッチウイスキー > モルトウイスキー > シングルモルト > 現行品・限定品
新入荷
シェリー樽熟成ウイスキー
輸入業者 > スリー・リバーズ Three Rivers
ボトラー瓶詰業者 > グローバル・ウイスキー Global Whisky
ポイント: 0 Pt

MANNOCHMORE 2010 11yo  48%(加水) 70cl 


1st Fill Sherry Hogshead Finish


テイスティングノート


ダークカラー


香りはレーズン、カカオ、キウイフルーツ


ボディは甘いタッチでレーズンやチョコチップパン、奥にミント


フィニッシュはカカオのビターが優しく続く。


 


Category Single Malt


Bottler Global Whisky Limited 


Bottling Serie Auld Goonsy's Malt


Vintage 23.07.2010


Bottled 22.11.2021


Stated Age 11 years old


Casktype 1st Fill Sherry Hogshead Finish


Casknumber 8976


Number of bottles 288


Strength 48 % Vol.


Size 700 ml


 


Mannochmore マノックモア蒸留所 


所在地


1971年にブレンドウイスキーで有名なヘイグ社によって、グレンロッシー蒸留所の隣に建設


1985年から1989年まで操業停止、1995年にも操業停止


1989年 United Distillersが 花と動物シリーズ発売開始(白キャップ)


オフィシャルボトル花と動物ボトルの動物は、蒸留所近隣の森に住む Great Spotted Woodpecker アカゲラです。


2007年まではグレンロッシー蒸留所の技師が、グレンロッシーとマノックモアを交互に操業していたが、現在はそれぞれの蒸留所の専属蒸留技師によって運営されている。


2013年 ディアジオ社の拡張計画により、蒸留器を2器増設、発酵槽を増設


 


マノックモア蒸留所を含め、ディアジオは傘下の蒸留所の拡張計画を2013年に発表しています。


http://whiskymag.jp/diagioexpands/


ディアジオは新しいモルトウイスキー蒸溜所の建設予定地としてハイランド地方のアルネスに近いティーニニックを発表した。


同社からはスペイサイド地域のスコッチウイスキー生産についても、拡張計画における大きな新段階の発表があった。これらはすべて、昨年開始された10億ポンドの5ヶ年投資計画の主なプロジェクトだ。


新蒸溜所では最大20人の新規雇用を予定し、同社の既存のティーニニック蒸溜所に隣接するが、独自の名称と個性を持つことになる。同地域には5,000万ポンドが投資され、銅製ポットスティル16基による新蒸溜所のスピリッツ生産能力はおよそ1,300万リットル/年の予定だ。敷地内にはバイオエネルギープラントも建設されて、副産物をグリーンエネルギーに変換して蒸溜所の動力源にする。
同時に、ディアジオには1,200万ポンドを投資して既存ティーニニック蒸溜所の生産能力をほぼ倍増する拡張計画もある。新蒸溜所と拡張後のティーニニック、2つの蒸溜所で生産されるシングルモルトウイスキーは、一連のディアジオブレンデッドスコッチウイスキー製品に使用される。
同社は事業計画の申請書をハイランド・カウンシルに提出する予定で、2014年には新蒸溜所の建設に取りかかることを目標としている。


さらに同社は、ダフタウンにあるモートラック蒸溜所の生産能力を大幅に増強するプロジェクトを含め、およそ3,000万ポンドを投資してスペイサイドに新規生産設備を追加する計画も発表した。この計画にはモートラック蒸溜所の特徴であるユニークな2回半蒸溜システムに倣った新規スティルハウスの建設が含まれる。


この計画のもうひとつのポイントは、グレンダラン蒸溜所に嫌気性消化プロセスの併産物を処理する新規プラントを建設することで、バイオガスを生産して同蒸溜所の動力源に利用する。スコッチウイスキーの生産増加による増加する併産物の処理が期待されるため、この新規プラントは将来のスペイサイド蒸溜所拡張計画の重要な要素となる。


これらの開発とリンクウッド、マノックモア、グレンダラン、ダルユーイン、ベンリネス、インチガワー、クラガンモア、グレンエルギンの各蒸留所の拡張及びアップグレードプロジェクト、さらにダルユーイン、グレンロッシーの新規バイオエネルギープラントを含め、ディアジオによる最近のスペイサイド地域への投資は合計4,000万ポンドを上回る。同社はスコットランドの他地域でも、10億ポンドの投資計画の一環として、ミュア・オブ・オードに近いグレンオード大規模な拡張計画のほか、カークカルディ付近のクルニーでは新規貯蔵庫の建設を進めている。
ディアジオのモルト蒸溜ディレクター、ブライアン・ヒッグスは「スコットランドにおける当社スコッチウイスキー生産能力の拡張に向けて、新計画を発表できることを嬉しく思います」と述べた。


「新たな蒸溜所のために検討した用地3ヵ所はいずれも素晴らしい可能性を持っていましたが、調査の結果、開発の際に重要視される物流の面でティーニニックがわずかに抜きん出ていました。また、これはアルネス周辺の地域経済にとって大きな投資でもあります。当社はハイランド・カウンシルや地域自治体と積極的に協力しつつ計画を進めてゆくことを非常に光栄に思い、また楽しみにしております」
今回のスペイサイドへの投資に関連してヒッグス氏は「モートラック蒸溜所はディアジオの重要な蒸溜所のひとつであり、当社ブレンデッドスコッチウイスキーに使用される最高品質のシングルモルトウイスキーを生産しています。当社はこの蒸溜所を発展、拡張できることを喜ばしく思っています」と付け加えた。


 

数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

Category