画像を拡大する

地域 Highland ハイランド
蒸留年代 1998
瓶詰年代 2021
熟成年数 22年
アルコール度数 52.8%vol
容量 70cl
hogshead with ex-Oloroso Sherry finish 樽番号1
ボトラー Hannah Whisky Merchants
シリーズ Lady of The Glen
ボトルタイプ Limited: 限定品
  • NEW
  • 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品

Inchmurrin インチマーリン22年 1998 シェリー樽後熟

販売価格(税込):
31,350
数量:
商品コード:
87-16
商品概要:
ローランドに近いハイランド南の蒸留所。ローモンド式蒸留器を持っている他、グレーンウイスキー工場も併設。首の長いストレートネックのローモンド・スティルを使い高い度数のライトボディの原酒を造っています。ホッグスヘッド樽で18年熟成後に、オロロッソシェリーホッグスヘッド樽で4年以上熟成した手間をかけた逸品。フルーツケーキの濃くと甘さ、乾燥したタバコの葉、クローブ。
蒸留所/ブランド:
Loch Lomond(ロッホ・ローモンド)
蒸留所/ブランドURL:
http://www.lochlomondgroup.com/
関連カテゴリ:
スコッチウイスキー > モルトウイスキー > シングルモルト > 現行品・限定品
新入荷
シェリー樽熟成ウイスキー
ボトラー瓶詰業者 > ハンナ・ウイスキー (Hannah Whisky Mechants)
輸入業者 > ウイスクイー whisk-e
ポイント: 285 Pt

Inchmurrin 22年 


*インチマーリンはロッホローモンド蒸留所で造られるシングルモルトの中でピートの燻蒸率が2番目に低い


Category Single Malt


Distillery Loch Lomond


Bottler Lady of the Glen (LotG)


Bottling serie Rare Cask


Vintage 28.04.1998


Bottled 19.03.2021


Stated Age 22 years old


Casktype Hogshead with ex-Oloroso Sherry finish


Casknumber 1


Number of bottles 225


Strength 52.8 % Vol.


Size 700 ml


 


★  Lady of the Glen レディ オブ ザ グレン
レディ オブ ザ グレンは元銀行員であったグレゴール・ハンナがスコットランドのファイフに2012年に設立した新進気鋭のインディペンデントボトラー「ハンナ ウイスキー マーチャンツ」のブランドです。
このブランド名はグレゴールが好きなスコットランドの物語「ザ グリーン レディ」に登場するヒロインのキャラクターに由来します。


ボトル1本1本に手書きでボトル番号が入っていますので、お届けするボトルの番号は写真のものとは異なりますのでご留意下さい。


◆ Hannah Whisky Merchants  ハンナ・ウイスキー・マーチャント


ボトリングの基本方針として、閉鎖蒸留所のもの、非常に珍しい樽で少量だけ熟成されたものに限定しています。


販売しているボトルは、The Lady of the Glen の名称で販売しており、ウイスキーの色合いがよく分かるように、クリアーグラスにシルクプリント・ラベルで瓶詰しています。


瓶詰は、シングル・カスク、カスク・ストレングス、冷却フィルター使用せず。このボトルは日本のwhisk-eの輸入品です。


 


 


Loch Lomond  ロッホローモンド蒸留所    所在地 


近隣蒸留所: Glengoyne, Inverleven, Kinclaith, Littlemill, Glenkinichie


1986年にGlen Catrine Bonded Warehouseが買収後、スコットランドで最も革新的な蒸留所の一つとして生まれ変わり、今後の飛躍が期待され、注目されている蒸留所


1966年 蒸留所操業開始 ローモンド式蒸留器2器(ネックに精留機を備えている)                                オーナーは、Duncan Thomas と Littlemill Distillery Company Ltd とシカゴのBarton Brandsの共同出資              1971年 Barton Brandsが株式の100%を取得して,単独オーナーとなる。                                          1984年 操業停止                                                                     1985年 Inver House Distillersが買収                                                1986年 Glen Catrine Bonded Warehouseが買収し、操業再開(同社は、1994年にグレンスコシアを買収)                   1990年 ローモンド式蒸留器を2器増設                                                  1993年 連続式蒸留器を2器新設(グレーン・ウイスキー製造開始)                                       1998年 スワンネックのポットスティル2器を増設                                         2004年 Croftengea 発売
2005年 Craiglodge と Inchmoan 発売
2006年 Inchfad 発売
2007年 連続式蒸留器を1器増設、100%麦芽を原料に連続式蒸留器で製造するグレーンウイスキーの製造開始(日本のニッカのカフェ式モルトウイスキーと同様のウイスキー。英国ではポットスティルで蒸留されていないため、グレーンウイスキーの範疇に入る。)                                                               2016年 ストレートネックのポットスティル2器を増設


 


★ピートを燻す量に順じ、製品の名称を変えているユニークな蒸留所


Craiglodge > Croftenga > Glen Douglas > Inchfad > Inchmoan > Inchmurrin > Old Rhosdhu


 


"Single Blended Whisky" を製造できる蒸留所


敷地内に、単式蒸留機と連続式蒸留器があり、単一蒸留所のモルトウイスキーとグレーンウイスキーだけでブレンドウイスキーを製造できる。他に、ウイリアム・グラント&サンズ社のガーバン蒸留所がシングルウイスキーの製造が可能です。


ロッホ・ローモンド蒸留所は、ピートの使用率によって商品の名前を変えている面白い蒸留所です。

数量:

商品の特徴

ローモンド・スティル 

ロッホローモンド蒸留所には、3種類のポットスティルが計11器あります。


4器は伝統的なポットスティル、4器はローモンドスティル、3器はコラムスティル。


1993年に、グレーンウイスキー製造のため、連続式蒸留器コラムスティル2器を設置しました。


2007年に増設した連続式蒸留器1器では、ニッカと同様に麦芽100%を使用したモルトウイスキーをこの蒸留器で製造しています。日本ではモルトウイスキーに分類されていますが、英国の税法上はグレーンウイスキーに分類されています(ポットスティルで蒸留されていないため)。


ローモンドスティルは、現在、このロッホローモンド蒸留所と、スキャパ蒸留所(初留)のみで使用されています。

Inchmurrin インチマーリン22年 1998 シェリー樽後熟

ローモンド湖

ロッホ・ローモンド(ローモンド湖)は、英国で最大の淡水湖で、南北約38km、東西は最も幅の 広い所で約7km、面積の71平方kmは洞爺湖とほぼ同じ、最大水深は湖面から198m、海面から189mである。スコットランドのほとんどの湖 (Lochといわれる)と同様に、氷河の浸食で出来た深い谷が、氷河期が終わって陸地が上昇したので内陸湖になったものである。ロッホの中には小さなもの まで数えると30以上の島があり、農場があって人が居住している島や、かってウイスキーの密造が行われていた島もある。周辺の多くの山々、渓谷、森林、湿 地は自然生物の宝庫である。


このロッホ・ローモンドから流れ出している川がリーヴェン川(River Leven)で、湖南端の流出口にあるバロッホの町から河口のダンバートン(Dumbarton)までわずか6.5kmの短い川であるが、一年でロッホ・ ローモンドの総水量の半分、6億トンを流出するといわれるだけあって水量豊かで流れも速い。

Inchmurrin インチマーリン22年 1998 シェリー樽後熟

スコットランド民謡「ロッホ・ローモンド」

スコットランドの反乱軍兵士の悲しい運命を歌った民謡として、世界で最も有名な民謡の1曲です。


Peter Hollens の歌でお聴き下さい。


★ 民謡ロッホ・ローモンドの歴史的背景


17世紀後半のイギリスでは、名誉革命によってカトリック教徒のジェームズ2世が退位し、プロテスタントのメアリー女王が即位していた。


しかし、スコットランドを中心とするカトリック勢力は、その後もジェームズ2世の血統に属するステュアート家の復興を目指していた。この勢力はジャコバイトと呼ばれる。


名誉革命で王位を追われたジェームズ2世の孫ボニー・プリンス・チャーリーは、1745年にグレンフィナンで反乱の旗を揚げた。


同 年9月には首都エディンバラを陥落させ、その後の戦いでも圧倒的な勝利を収めた。しかし、やがてイングランド軍の圧倒的兵力の前に退却を余儀なく される。ついには1746年4月のカロドン・ミュアの戦いで、ボニー・プリンス・チャーリーは決定的な敗北を喫することとなった。


この反乱の中で死んでいった兵士のを歌った歌がこの民謡です。


Oh ye'll tak' the high road, and I'll tak' the low road
君は高い道を行き 僕は低い道を行く


低い道を行くのがイングランド軍との戦いで亡くなったスコットランド兵の魂、高い道を行くのが生き残ったスコットランド兵士。


ケルト文化には、「故郷から離れた土地で亡くなった者には、妖精が魂を故郷まで案内する」という信仰があり、それがこのコーラス部分の「low road」に暗示されています。


 


★ ロッホ・ローモンド(三宅忠明:訳)

あの美しい岸辺、
あの美しい丘、
ロッホ・ローモンド(湖)に日が照るところ、
恋人とふたり、
いつもかよった、
美しい美しいロッホ・ローモンド(湖)の岸辺。

  おお、君は高い道を行け、
  ぼくは低い道を行く。
  スコットランドにはぼくが先に着く;
  だけど、恋人には二度と会えない、
  美しい美しいロッホ・ローモンド(湖)の岸辺で。

ぼくたちが別れたのはあのときだった、
あの谷の陰で、
けわしいけわしいベン・ローモンド(山)の中腹で。
ハイランドの山々が
むらさきにかすみ、
薄明かりの中に月が出ていた。

  おお、君は高い道を行け、
  ぼくは低い道を行く。
  スコットランドにはぼくが先に着く;
  だけど、恋人には二度と会えない、
  美しい美しいロッホ・ローモンド(湖)の岸辺で。

小鳥が歌い、
野の花が咲いていた、
陽光の中に湖水が眠っている。
だが、傷心の心で、
来年の春を見ることは出来ない。
苦悩する身でことばも交わせない。

  おお、君は高い道を行け、
  ぼくは低い道を行く。
  スコットランドにはぼくが先に着く;
  だけど、恋人には二度と会えない、
  美しい美しいロッホ・ローモンド(湖)の岸辺で。

Hannah Whisky Merchants 社屋

Gregor Hannah 氏

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

Category

オールドリバー