画像を拡大する

地域 Speyside スペイサイド
蒸留年代 2000年
瓶詰年代 2021年
熟成年数 20年
アルコール度数 56.4%vol
容量 700ml
a single Hogshead No. 29481
ボトラー Signatory Vintage シグナトリー社
シリーズ Cask Strength Collection カスクストレングスコレクション
ボトルタイプ Limited: 限定品
  • NEW
  • 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品

消滅蒸留所 Caperdonich キャパドニック20年 2000 SIGNATORY

販売価格(税込):
44,377
数量:
商品コード:
401-7
商品概要:
キャパドニックは2002年に閉鎖となり、2010年建物は解体され消滅しました。その最後期の蒸留でシングルカスク、カスクストレングスボトリング。残された樽でしか味わうことのできなくなったキャパドニックは、日々刻々とその希少性、貴重性が高まっていっています。
蒸留所/ブランド:
Caperdonich(キャパドニック)
蒸留所/ブランドURL:
https://www.signatoryusa.com/
関連カテゴリ:
スコッチウイスキー > モルトウイスキー > シングルモルト > 現行品・限定品
新入荷
閉鎖/消滅蒸留所
輸入業者 > ボニリ・ジャパン Bonili Japan
ポイント: 403 Pt

Caperdonich キャパドニック20年 2000


Bottler:Signatory Vintage (SV)


Bottling serie:Cask Strength Collection


Vintage:06.07.2000


Bottled:19.04.2021


Stated Age:20 years old


Casktype:Hogshead


Casknumber:29481


Number of bottles:216


Strength:56.4 % Vol.


Size:700 ml


 


Caperdonich キャパドニック 蒸留所  


2010年11月解体  → 完全に消滅しました。現在は蒸留器製造会社フォーサイスの工場になっています。


隣接蒸留所 グレングラント、スペイバーン、グレンロセス、グレンスペイ


世界の市場で販売された最初のシングルモルトであると主張しているグレングラントの人気を実証する証拠として、1898年にグレングラントと同じ性格のスピリッツを製造するためにグレングラント蒸留所の道を挟んで向かい側に蒸留所は設置されました。


名称はグレングラント第2工場


しかし、そのタイミングは理想的なものではありませんでした。1890年代のウイスキーブームから一転して、新世紀に入るとそのブームが沈みました。インペリアル蒸留所、ベンリアック蒸留所と同様に、操業を開始して間もなく操業停止となりました。麦芽乾燥塔(キルン)、麦芽製造床(モルティング・フロアー)、熟成庫(ウェアーハウス)は操業を継続しましたが、蒸留器による蒸留作業は停止となりました。


1965年ウイスキーブームの再来と、イタリアでグレングラント人気が急に高まり、約60年ぶりに操業再開。この時、新しくキャパドニック蒸留所という名称になりました。名前の意味は「秘密の井戸」で、仕込水のバックバーンの水源のこと。


1967年にオリジナルの蒸留器とは異なる形状の蒸留器を2器増設し、オリジナル2器に合わせて、4器による製造体制を取りました。


キャパドニックはいつもグレングラントとは異なる性格のものになってきました。軽やかで、花のような芳香がある一方で、道を挟んで向かいにあるグレングラントに比べて青リンゴの新鮮味は少なめで、もっと口に優しい梨、クリーム、新鮮なミントの味わいがあります。この性格は、1967年に増設したオリジナルとは異なる形の蒸留器にたぶん由来するのだろうと考えられますが、しかし、1985年にグレングラントの蒸留器と同じ形状のものを増設したところ、2つの蒸留所のスピリッツの性格が同じものにならなかったことから、単に蒸留器の形が異なることが原因で、スピリッツの性格の違いが生まれるとは言いきれないことがはっきりしました。確かに、微妙な違いではありますが、確かにグレングラントとは性格が異なっています。


閉鎖前の晩年のキャパドニックは、独立瓶詰業者のボトルのリリースしたボトルの数を考慮すると、その生産量は比較的多かったと思われます。製造を続けていた間は、どちらかというと一般的には目立たない、知る人ぞ知るモルトウイスキーでありましたが、今では、「スペイサイドの隠れた宝石」と言われ、その香味を愛する少数の忠実なファンがいます。


キャパドニックは、Chivas Regal のキーモルトでした。


 


1898年 "グレングラントNo.2" として グレングラント蒸留所 と道を挟んだ向かい側で操業開始。


1902年~1964年 製造停止 


1965年 Glenlivet Distilleries Ltd. が名前を Glen Grant No.2からCaperdonich に非公式(便宜上)に名称変更し、操業再開。


1967年 オリジナルの蒸留器(グレングラントと同型)とは異なる新型の蒸留器2器を増設。合計4器になる。


1971年 名前を Glen Grant No.2 から、Caperdonich に正式に名称変更


1985年 オリジナルの蒸留器(グレングラントと同型)と同型のものを2器増設


2001年 ペルノ・リカールに売却


2002年 閉鎖。隣に工場があった Forsyth's Coppersmith フォーサイス銅製機器製造会社に売却


2011年 建物解体


2器の蒸留器はベルギー Owl Distillery アウル蒸留所へ、もう一つの2器セットは、Falkirk Distillery ファルカーク蒸留所(エジンバラの西40km、ローズバンク蒸留所の東3km)に移設。 

数量:

商品の特徴

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

Category