画像を拡大する

地域 Speyside スペイサイド
蒸留年代 1988
瓶詰年代 2016
熟成年数 28年
アルコール度数 43.4%vol
容量 70cl
sherry cask シェリー樽
ボトラー Ian Macleod イアンマックロード社
シリーズ (ドイツに本社のあるスーパーマーケットAldi のプライベイト・ブランド
ボトルタイプ Old: オールドボトル
  • オススメ
  • 限定品

GLEN MARNOCH 28年 Aldi 1988 (GLENFARCLAS)

販売価格(税込):
39,820
数量:
商品コード:
25-25
商品概要:
世界でチェーン店展開するディスカウントスーパー大手Aldiのプライベイト・ブランド・シングルモルトウイスキー。毎回、発売日と発売時間が予告され、行列ができて即日完売する人気商品。蒸留所名は非公表。マニアのテイスティングによると、ごく少数からモートラックではないかという説もありますが、大多数はグレンファークラスに違いないと言われています。
蒸留所/ブランド:
Glenfarclas(グレンファークラス)
蒸留所/ブランドURL:
https://thewhiskyphiles.com/2016/11/17/glen-marnoch-28-years-old-43-3-aldi/
関連カテゴリ:
スコッチウイスキー > モルトウイスキー > シングルモルト > オールドボトル
スコッチウイスキー > モルトウイスキー > シングルモルト > 現行品・限定品
新入荷
ボトラー瓶詰業者 > イアン・マックロード Ian Macleod
シェリー樽熟成ウイスキー
輸入業者 > オールド・リバー・ウイスキー ARW
ポイント: 362 Pt

ALDI(アルディ)


ドイツに基盤を置くディスカウントストアのチェーン企業。名前の「ALDI」は "ALbrecht DIscount"の略名。Albrechtは、創業者兄弟の氏の名前。


世界中に9000店舗以上で展開するボックスストアの最大手チェーン。本国ドイツで4000店舗以上、全英で90店舗、全米で1000店舗を超えている。 


アメリカではイリノイ州シカゴ郊外に本社を持つ。 アルディの元々の顧客は低収入層、大衆層、エスニック層で立地の多くは安全とは言えない地域でもあった。 ウォルマート同様、顧客層の変化に合せて広くて明るい店作りと、中級層の顧客に対応した低カロリー商品の品揃えを増やしている。 扱い商品は限定の激安価格でその95%以上がPB商品である事、通常の食品店の買物における75%程度は取り揃えている事、低販売管理費率、従業員に対するケアが非常に良い、等が特徴である。


店舗の大型化を進め、多くの店舗で採光用の窓を付け省エネも行われている。出店が少なかったニューヨーク市商圏にも進出し、2010年内にはニューヨーク市内に出店した。 1000店舗目の店は、コネチカット州ニューヘブン市にある。 商品を安く売るための仕掛けが随所に見られる。


競合するボックスストアチェーンには、セイバーロット、フードベイシックなどがある。


創業者のカール・アルブレヒトとテオ・アルブレヒトの母親が1913年にエッセン郊外に小さな食料店を開いたのが始まり。父親は炭坑夫で、のちにパン屋で下働き、カールはデリカテッセンで働き、テオは母親を手伝っていた。カールは近所の安売り専門店を買い取って商売を始めるが、第二次大戦で従軍。戦後母親の店を吸収する形で、1946年に兄弟でディスカウントストア事業を始め、1950年には13店舗まで広げる。低価格にするための二人の徹底した工夫と管理が功を奏し、1960年にはドイツ国内に300店舗を数えるに至り、1962年にAldiを社名にする。煙草の販売に関して兄弟で揉めたことで会社を二つに分け、カールがAldi Sud、テオがAldi Nordを担当する。ドイツのほぼ全家庭が年に最低でも1回はAldiで買い物すると言われるほど、人気の流通チェーンに育ち、兄弟ともに世界トップクラスの資産家になる。2000年代に兄弟とも事業から手を引き、アルブレヒト家の人間はだれもAldiと関わりをもたなくなった。


 


Glenfarclas グレンファークラス蒸留所  所在地


麦芽のピートによる燻蒸はライトピーテッドで、フェノール値は1~3ppm                                                                           発光槽は、木製の蓋の付いたステンレス製                                                                                             蒸留は、ガス直火式                                                                                                       蒸留器は、バルジ(ボール)型                                                                                                                                                               熟成庫は、伝統的な地面から3段に積み上げるダンネージ式で5万2千樽を貯蔵


                                                                                                                 1836年 ロバート・ヘイが自らの農場で蒸留所の営業をする免許を税務署から取得(1823年の酒税法改正から13年後)                                          1865年 ヘイ氏が逝去後、Grant家が蒸留所を買収                                                                                  1895年 Grant家とPattisonによる共同経営会社 the Grants and Pattison, Elder & Co.が、Glenfarclas-Glenlivet Distillery Co.を設立し、グレンファークラス蒸留所を運営                                                  1898年 Pattisonが破産し、Grant家が単独オーナーになる。                                                                              1960年 蒸留器を2器増設し、4器に                                                                                             1968年 後に"Glenfarclas105"と名称変更する、カスクストレングスのシングルモルトを業界で初めて発売                                              1972年 フロアーモルティング製麦法を取り止め                                                                                    1973年 蒸留所に観光案内所を設置                                                                                        1976年 蒸留器を2器増設し、6器に                                                                                           2007年 Family Casks Selection 発売開始


                                                                                                             1980年代の景気低迷期に、多くの蒸留所が閉鎖、生産縮小の中、ひとり増産を継続                                                           増産することができた原動力は、イアンマックロード社との契約。当時、イアンマックロード社は国内外のスーパー、ホテル、小売店、軍隊、各種団体のプライベイト・ブランドを企画販売しており、グレンファークラスとの契約上、グレンファークラスの名前を伏せて、それらの団体のプライベイト・ブランドにグレンファークラスのシングルモルトを瓶詰販売していました。例えば、当時、日本では東京の京晴がイアン・マックロード社を介してプライベイト・ブランド(グレン・アーマーという名称)を販売していました。グレンファークラスは、イアン・マックロード社が持つ世界的に広く多様な各種の団体への販路をとおして、自社の製品を安定的に販売することができたため、80年代の景気低迷期に増産を継続できました。また、イアン・マックロード社も80年代のグレンファークラスとの特別の関係が現在のイアン・マックロード社の基礎になっています。グレンゴイン蒸留所、タムデュ蒸留所を買収し、グレンファークラスと同様にシェリー樽熟成に重点を置いたシングルモルトを販売しています。また、80年代当時から続く、グレンファークラス(グラント家)とイアン・マックロード社との特別の関係は現在も続いており、イアン・マックロード社は世界各国のスーパー、ホテル、小売店をはじめ、様々な団体にプライベイト・ブランド用にグレンファークラスのシングルモルトを名前を伏せて販売しています。                                      

数量:

商品の特徴

グレンファークラスの蒸留器 ボール型

底部とネックの間に風船(ボール、バルジ)のような膨らみがあります。その膨らみが、不快なフレーバーである硫黄化合物がアルコール蒸気と一緒に上がっていくのを防ぐはたらきがあり、よりクリーンな酒質となります。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
蒸留所/ブランドから選ぶ
商品名を入力
地域
熟成年数
蒸留年代
瓶詰年代
樽(カスク)
ボトラー
シリーズ
価格帯
 円 ~ 
 円
商品ステータス





その他の条件
在庫あり

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

Category