画像を拡大する

地域 Speyside スペイサイド
蒸留年代 1995年以前
瓶詰年代 2019年
熟成年数 24年
アルコール度数 45.1%vol
容量 70cl
シェリー樽、他
ボトラー Morrison & Mackay モリソン&マッMo
シリーズ Old Perth オールドパース
ボトルタイプ Limited: 限定品
  • NEW
  • 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品

新春特売 OLD PERTH 24年 (MACALLAN、エドリントン・グループ)

通常価格(税込):
30,200
販売価格(税込):
26,425
数量:
商品コード:
174
商品概要:
新春特売4月16日まで。マッカラン、ハイランドパーク、グレンロセス、ブナハーブン、タムデュのシェリー樽熟成原酒をブレンドしたモルトウイスキー。エドリントングループの所有する蒸留所と関連蒸留所のシェリー樽熟成原酒をブレンドしたモルトウイスキー。瓶詰630本。輸入元では2020年末に完売。
蒸留所/ブランド:
Macallan(マッカラン)
蒸留所/ブランドURL:
https://www.morrisondistillers.com/
関連カテゴリ:
新入荷
ボトラー瓶詰業者 > モリソン・スコッチウイスキー・ディスティラーズ Morrison Scotch Whisky
特別セール SPECIAL OFFERS
シェリー樽熟成
輸入業者 > ウイスクイー whisk-e
スコッチウイスキー > ブレンデッド・モルト
スコッチウイスキー > ブレンデッド・モルト > 現行品・限定品
ポイント: 0 Pt

◆ Morrison & Mackay  モリソン & マッカイ
1982年 バーソロミュー家がマル島で John Murray & Co.を創業


1996年 リキュール製造所 The Scottish Liqueur Center および観光案内所と売店をパースに設立


リキュールは、COLUMBIA CREAMを製造販売


2005年 元モリソン・ボウモア取締役のケニー・マッカイロブ・スターリングが前ボウモア蒸留所所長ブライアン・モリソンとその息子のジェー三―・モリソンと共に、The Scottish Liqueur Center を買収し、パースのウイスキー産業復興を目指す。


2013年 ホワイト&マッカイから 使われていない OLD PERTH ブランドを購入


2014年 ボトラーとしての事業を中心に据え、会社の名称をモリソン&マッカイに変更。またモリソン&マッカイとは別に The Perth Distilling Company を設立


2017年4月にはスコットラン ドのパースから10kn南東のAberargieアバーアーギに本社を移転、社名 MORRISON &MACKAY LTD.がブレンドとシングルモルトの瓶詰を行っています。敷地内にAberargie 蒸留所を建設し、蒸留所は、THE PERTH DISTILLING COMPANYが運営。目指している酒質はローランドタイプの華やかさであるとのことです。


2020年 ボトラー業としてのモリソン&マッカイ社と蒸留業としてのパースディスティリングカンパニーを合併して、MORRISON SCOTCH WHISKY DISTILLERSに名称変更


 


【ボトラーズとしてのブランド Càrn Mòr カーン・モル 


カー ン・モルとは、ベンネビス山(Fort Williamsの東、1,345m)の頂上から北東約1kmのところにある標高約1,220mほどの尾根の名前です。


商品群は主に3つに分類されていて、スタンダード品が、Strictly Limited (46%に加水した普及品「少数限定品」)です。


シングルカスク、カスクストレン グスでボトリングした、Celebration of the cask セレブレーション オブ ザ カスク (CoC) 「樽熟成の見事さを賞賛する」は、設立当初から親しまれてきた同社の高級品質商品群の名前で、ケニー・マッカイ氏のチェックを経た、特別に素晴らしいシン グルカスクの原酒のみが選ばれています。そして、CoCのさらに上に位置する同社の最高級品が、Bequest(「遺産」)です。


 


【Edrington Group エドリントングループ 周辺企業】


1855年 グラスゴーのウイスキー仲買人William A Robertsonによって築かれた。


1860年 Robertson & Baxterを立ち上げ、蒸留所とブレンダーの間をつなぐブローカーとして成功


1870年 The Clyde Bonding Companyを立ち上げ、原酒を熟成する保税倉庫業を開始


★ 保有する保税倉庫を基に、2000年代には、世界最大の酒類流通企業であるオランダのMaxxium、日本のビーム・サントリー、フランスのコワントローと提携し、世界60カ国以上で、酒類流通業を展開している。


1880年 Islay Distillers Ltdを創業し、ブナハーブン蒸留所1983年操業開始


1884年 The Clyde Cooperage を立ち上げ、製樽業を開始


1885年 ノースブリティシュ蒸留所の株主となる(現在、株式50%保有)


1887年 業界不況のため、ブナハーブン蒸留所のIslay Distillers Ltdと、グレンフィディックのWilliam Grant & Coが所有していたグレンロセス蒸留所を企業合併し、Highland  Distillersを立ち上げ


1892年 Highland Distillersがグレングラッソウ蒸留所を買収


1899年 Highland Distillersがタムデュ蒸留所を買収


1923年~1933年 アメリカ禁酒法時代に、BBR社のカティーサークを闇市場に供給


1937年 Highland Distillersがハイランド・パーク蒸留所を買収


1961年 創業者の孫の3姉妹 Robertson sisters (Elspeth, Agnes, Ethel) によって、The Edrington Group が立ち上げられた。その持株会社The Robertson Trustは、毎年10億円を慈善事業に投資している。企業全体の収入は毎年400億円以上


1970年 Highland Distillers がフェイマスグラウスを買収し、ブレンドウイスキー業界に参入


1982年 Macallan-Glenlivet plc.から、Macallan Distillers Ltdにラベル表記を変更


1996年 Highland Distillers が マッカラン蒸留所の株式75%取得。ロバートソン家の関連企業をすべてエドリントングループの子会社とする


1999年 Edrington Group が William Grant & SonsからHighland Distillersの株式を買収し、ハイランド・ディスティラーズの株式を100%取得。マッカラン(75%)、ハイランドパーク、グレンロセス、ブナハーブン、タムデュを傘下に収める


2003年 ブナハーブン蒸留所とブラックボトル・ブランドをバーン・スチュアート社に売却


2011年 タムデュ蒸留所をイアン・マックロード社に売却


 

数量:

商品の特徴

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

Category