画像を拡大する

地域 Speyside スペイサイド
蒸留年代 2006年
瓶詰年代 2021年8月28日
熟成年数 15年, 10年
アルコール度数 46%vol, 55.4%vol
容量 750ml, 700ml
シェリー樽/15年, シェリー樽、ワイン樽、バージンオーク樽/ラムリーク
ボトラー Glenallachie Distillery
シリーズ Macnair's Lum Reek
ボトルタイプ Limited: 限定品
  • NEW
  • 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品

GLENALLACHIE 15年 + MacNair's Lum Reek 10年 初回瓶詰品

販売価格(税込):
19,712
数量:
商品コード:
20-S1
商品概要:
グレンアラヒー蒸留所のビリー・ウォーカーによって新たに生まれ変わった銘ブレンドモルトLum Reek「煙突の煙」。ファースト・バッチのカスクストレングス。スペイサイドとアイラモルトをブレンド後、シェリー樽、ワイン樽、ヴァージンオーク樽に分けて追熟。100%シェリー樽熟成グレンアラヒ15年アメリカ仕様750mlと合わせた特別オファーお買い得2本セットです。
蒸留所/ブランド:
Glenallachie(グレンアラキ)
蒸留所/ブランドURL:
https://theglenallachie.com/
関連カテゴリ:
シェリー樽熟成
セット商品 SET OFFERS
輸入業者 > ウイスクイー whisk-e
スコッチウイスキー > ブレンデッド・モルト > 現行品・限定品
ポイント: 0 Pt

MacNair's Lum Reek マクネアーズ 「ラムリーク」(煙突の煙)


Blended Malt Scotch Whisky


ピーテッド10年 カスクストレングス


ファースト・バッチ1 


カスクストレングスボトリングの10年熟成ブレンデッドモルトです。


スモーキーな香りと共に広がるヘザーハニーやシナモン、バニラのアロマ。


ダークチョコレートのフォンダンショコラ、ジンジャー、シトラス、ピートスモークの味わいが広がります。


カスクストレングスのため、スペイサイドモルトのフルーティさ、アイラモルトのスモーキーさ、


そして追熟による樽由来のキャラクターが絡み合って生まれるラムリークの複雑な味わいがよりダイレクトにお楽しみいただけます。


バッチ1はグレンアラヒーを含むスペイサイドモルトアイラモルトをブレンド後、


シェリー樽ワイン樽ヴァージンオーク樽に分けて追熟した原酒を使用。


70cl  55.4%


日本割り当て600本


LUM REEKとは、スコットランドのことわざ"Lang may yer lum reek."の中の言葉を引用したもので「煙突の煙」の意味。


”Long may your chimney smoke”「あなたの家の煙突から煙が永くでますように」という意味。つまり、相手の人の家族が、永く、健康で、繁栄することを祈る言葉。


 


GlenAllachie グレンアラヒー15年 シェリー樽熟成


750ml(アメリカ仕様) 46% 


インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2020(ISC)で金賞を受賞


ペドロヒメネスシェリーとオロロソシェリーのカスクのみを使用した15年熟成


ノンチルフィルタリング、ノンカラーリングでボトリング。


色はサンセットブロンズ。グラスに注ぐと、シェリー樽由来のレーズンの香りが溢れ出し、続いてバタースコッチのこってりとしたアロマとシナモンやクローブといった甘やかなスパイスが立ち上がります。


口に含むと、香り同様にレーズン、バタースコッチ、甘いスパイスが広がり、フィニッシュにかけてバナナ、オレンジピール、ダークチョコレートが現れます。


シェリー樽熟成によるリッチで濃厚な味わいを存分にお楽しみいただけます。

数量:

商品の特徴

GLENALLACHIE DISTILLERY グレンアラヒ蒸留所

所在地 アベラワーの南、ベンリネスの北


「軽やかさ」が1960年代のほとんどの蒸留所の製造するモルトウイスキーの特色のひとつで、グレンアラヒも例外ではありませんでした。


旨みの基盤に麦芽の香味があり、その上に、絶妙なフルーツの香味が載っている。


2017年にオーナーが新しくthe GlenAllachie Distillery Company となって、発酵時間を長くしたが、それによって、フルーツの香味も、旨みも増した。


現、運営責任者のビリー・ウォーカー氏の目指すところは、グレンアラヒの特長である「フルーティさ」をより強く押し出していいくこと。


製造量の20% はピーテッド・モルトウイスキー。


1967年   創業 Mackinlay McPherson Ltd. (Scottish & Newcastle Breweries Ltd.の子会社)                     


設計は William Delmé-Evans で、マクダフ、タリバーディン、ジュラの設計にも関わっている。


1985年 Invergordon Distillers が Mackinlay 社を買収(Glenallachie と Jura を傘下に入れる)


1987年 閉鎖


1989年 Pernod-Richard ペルノ・リカール社が買収し、Campbell Distillers (Pernod-Richard の子会社) が操業再開                                      


Chivas Regal のキーモルトの1つ。Clan Campbell, 100 Pipers, Highland Clan, House of Lords, Passport, Queen Anne のキーモルトとして、主にブレンド用モルトウイスキーを供給してきた蒸留所のため、オフィシャル・シングルモルトには力を入れていなかった。


珍しい限定シングルモルトは、ストラスアイラ蒸留所にあるシーバス・リーガル案内所の売店で買えた。


2017年 The GlenAllachie Distillery Company が 蒸留所を買収。


同社の経営陣は、前のベンリアック蒸留所の運営責任者Billy Walker 氏、前のインバーハウスの運営責任者Graham Stevenson氏、Trisha Savageの3人。


会社名・蒸留所名に大文字の"A"を使っているのはビリー・ウォーカー氏によるもの。


(GlenDronach, BenRiachも同様。両蒸留所は2016年から米国ブラウンフォー社の所有)


2018年4月 シングルカスク6種を発売。6月にスタンダード品を発売開始 

GLENALLACHIE POT STILLS

奥に見える2器が初留器で、ランプ型


手前の2器が再留器で、オージー型(ストレート型、プレーン型)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

Category