画像を拡大する

地域 Ireland アイルランド
蒸留年代 2017
瓶詰年代 2020
熟成年数 3年以上
アルコール度数 46%
容量 700ml
ボトラー Teeling Whiskey Distillery ティーリング・ウィスキー社 
ボトルタイプ Present: 現行商品
  • NEW
  • 限定品

TEELING SINGLE POT STILL WHISKEY

販売価格(税込):
4,950
数量:
商品コード:
600-15-PS1
商品概要:
アイリッシュウイスキーの伝統的な製法であるシングルポットスティルウイスキー。大麦麦芽50%、未発芽大麦50%をそれぞれ3回ポットスティル蒸留、バージンオーク、ワインカスク及びバーボンカスクで熟成された樽をブレンド、ティーリング蒸留所で蒸留した初のウイスキー。
蒸留所/ブランド:
Teeling (ティーリング) / アイルランド 
蒸留所/ブランドURL:
https://www.teelingwhiskey.com/teeling-whiskeys/renaissance-4-18yr-old/
関連カテゴリ:
その他のウイスキー/スピリッツ/ブランデー/リキュール/ビール
その他のウイスキー/スピリッツ/ブランデー/リキュール/ビール > アイリッシュウイスキー
その他のウイスキー/スピリッツ/ブランデー/リキュール/ビール > アイリッシュウイスキー > 現行品・限定品
新入荷
輸入業者 > スリー・リバーズ Three Rivers
ポイント: 0 Pt

TEELING DISTILLERY “SINGLE POT STILL” WHISKEY


~ついに発売!ティーリング蒸留所で蒸留された初のウイスキー!!


ダブリン市内に2015年にオープンした同蒸留所で蒸留した商品のウイスキーとしての初リリース(日本2019年9月発売)となるのがこの「シングルポットスティル」。2017年からBacardi バカルディが資本参加しています。


アイリッシュウイスキーの伝統的な製法であるシングルポットスティルとしてリリースされました。


大麦麦芽50%未発芽大麦50%をそれぞれ3回蒸留しており、バージンオークワインカスク及びバーボンカスクで熟成された樽をブレンドし、同蒸留所で蒸留した初のウイスキーです。


スリーリバーズ社テイスティングノート


香りは若いモルト、食パン、ニューボーンモルト、ライトなレーズン、奥にフルーツ紅茶、ボディのファーストインパクトは若いモルトの甘み


ボディのミドルぐらいから特徴的なオイリーさとライチキャンディーのようなフルーティーな甘みが出てくる。


フィニッシュは青いフルーツの皮、ライトなビターが心地よく続きます。


 

数量:

商品の特徴

TEELING WHISKEY Co. ティーリング・ウイスキー社

写真はイタリア・フリッツ製のポットスティル3器。


これらで3回蒸留のアイリッシュポットスティルウイスキーと、シングルモルトウイスキーを製造している。


 


ティーリングウイスキー社はアイルランドのダブリンに本拠を構えるインディペンデントボトラー(独立瓶詰業者)です。


アイリッシュウイスキー業界にアイルランドの“独立”の気運を再び取り戻そうと、当時のクーリー社の社長であったジャック・ティーリング氏が、ハンドクラフト&スモールバッチのアイリッシュウイスキーを作るべく、クーリーを離れて2012年に設立しました。


アイルランドの蒸留所と樽の供給に関する契約を結び、使用する樽を長期にわたり確保することに成功。


しかし、その後の展開を考え蒸留所の建設にも着手し、ようやく2015年9月に正式にオープンしました。


ティーリング家はダブリンでウイスキーの生産が盛んだった1700年代に既にウイスキーの蒸留所を所有していましたが、ダブリン市内の蒸留所がすべて閉鎖されてから約125年ぶりに稼動を始めたのがこの新しいティーリング蒸留所です。


1987年:ジョン・ティーリング氏がクーリー蒸留所を設立


2012年:アイリッシュのボトラーズとしてティーリング・ウィスキー社を設立。


ティーリング家は1782年にダブリンに蒸留所を創業した古い家系。『先祖のウォルター・ティーリングはダブリンでは名の知れた蒸留業者。


かつての蒸留所はリバティー地区のマローボーレーンにあった。


ティーリングウイスキー社はアイルランドのダブリンに本拠を構えるインディペンデントボトラー(独立瓶詰業者)です。アイリッシュウイスキー業界にアイルランドの“独立”の気運を再び取り戻そうと、当時のクーリー社の社長であったジャック・ティーリング氏が、ハンドクラフト&スモールバッチのアイリッシュウイスキーを作るべく、クーリーを離れて2012年に設立しました。アイルランドの蒸留所と樽の供給に関する契約を結び、今後使用する樽を長期にわたり確保することに成功。しかし、その後の展開を考え自ら蒸留することを計画します。ティーリング家はダブリンでウイスキーの生産が盛んだった1700年代に既にウイスキーの蒸留所を所有していました。そんな同家とゆかりがあるダブリン市内の有名なセントパトリック大聖堂から僅か500メートルの距離にティーリング蒸留所がオープンし、2019年にはついにティーリング蒸留所で蒸留された「シングルポットスティル」もリリースされました。


ボトラーズとしてアイリッシュウィスキーのボトリングを手掛けるとともに、2015年ダブリン蒸留所を開設、ダブリン・ウィスキーの伝統を引き継いでいます。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

Category