画像を拡大する

地域 Ireland アイルランド
蒸留年代 2015年以降
瓶詰年代 2020年
熟成年数 NAS(熟成年数表記なし、3年~5年)
アルコール度数 44.2%vol
容量 700ml
バーボン樽
ボトラー Berry Brothers & Rudd
シリーズ The Classic Range
ボトルタイプ Old: オールドボトル
  • NEW
  • 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品

卯月セール BBR CLASSIC グレート・ノーザン蒸留所 IRISH SINGLE MALT

通常価格(税込):
5,830
販売価格(税込):
4,290
数量:
商品コード:
600-15-5
商品概要:
BB&R社クラッシックレンジからジョン・ティーリング氏が創業したGREAT NORTHERN グレート・ノーザン蒸留所のアイリッシュ・シングルモルト。ジョン・ティーリング氏が自ら製造したもので、小売市場にはほとんど残っていない希少品です。
蒸留所/ブランド:
Great Nprthern (グレート・ノーザン) / アイルランド
蒸留所/ブランドURL:
https://gndireland.com/
関連カテゴリ:
その他のウイスキー/スピリッツ/ブランデー/リキュール/ビール
その他のウイスキー/スピリッツ/ブランデー/リキュール/ビール > アイリッシュウイスキー
その他のウイスキー/スピリッツ/ブランデー/リキュール/ビール > アイリッシュウイスキー > オールドボトル
新入荷
ボトラー瓶詰業者 > ベリー・ブラザーズ社 Berry Brothers & Rudd
輸入業者 > ウイスクイー whisk-e
ポイント: 0 Pt

Single Malt Irish Whiskey


BBR  Classic Range 


70cl  44.2%vol


1987年にクーリー蒸留所を設立し、2007年にキルベガン蒸留所を復活させた功労者で、すでに伝説の人となっているジョン・ティーリング氏が両蒸留所をビーム(現ビーム・サントリー社)に売却後に、クーリーと同じダンダークの地に2015年に新設した Great Northern Distillery グレートノーザン蒸留所のシングルモルト


香りはカスタードクリーム、スパイス、爽やかなライム。


味わいはクリーミーで、モルトの甘味とフルーツが心地よく広がります。


希少品ですが、BBR社を通して世界に発売できるためでしょう、かなり安価での発売となっています。


 


BB&R(ベリーブラザーズ&ラッド)社


BB&R(ベリーブラザーズ&ラッド)社は1698年創業の英国最古のワイン・スピリッツ商です。


1903年にエドワード7世により英国御用達を賜り、エリザベス前女王とチャールズ現国王からそれぞれ御用達指定を受けています。


100年以上前から使っていた伝統のあるラベルを再現した復刻ラベルボトリングのために、BB&Rスピリッツマネージャーのダグラス・マクアイヴァー氏の全面協力のもと、ウイスクー向けに素晴らしい樽原酒が選ばれています。

数量:

商品の特徴

TEELING WHISKEY Co. ティーリング・ウイスキー社

ティーリングウイスキー社はアイルランドのダブリンに本拠を構えるインディペンデントボトラー(独立瓶詰業者)です。


アイリッシュウイスキー業界にアイルランドの“独立”の気運を再び取り戻そうと、当時のクーリー社の社長であったジョン・ティーリング氏が、ハンドクラフト&スモールバッチのアイリッシュウイスキーを作るべく、クーリーを離れて2012年に設立しました。


アイルランドの蒸留所と樽の供給に関する契約を結び、使用する樽を長期にわたり確保することに成功。


しかし、その後の展開を考え蒸留所の建設にも着手し、ようやく2015年9月に正式にオープンしました。


ティーリング家はダブリンでウイスキーの生産が盛んだった1700年代に既にウイスキーの蒸留所を所有していましたが、ダブリン市内の蒸留所がすべて閉鎖されてから約125年ぶりに稼動を始めたのがこの新しいティーリング蒸留所です。


1987年:ジョン・ティーリング氏がクーリー蒸留所を設立


2012年:アイリッシュのボトラーズとしてティーリング・ウィスキー社を設立。


ティーリング家は1782年にダブリンに蒸留所を創業した古い家系。『先祖のウォルター・ティーリングはダブリンでは名の知れた蒸留業者。


かつての蒸留所はリバティー地区のマローボーレーンにあった。


ティーリングウイスキー社はアイルランドのダブリンに本拠を構えるインディペンデントボトラー(独立瓶詰業者)です。アイリッシュウイスキー業界にアイルランドの“独立”の気運を再び取り戻そうと、当時のクーリー社の社長であったジャック・ティーリング氏が、ハンドクラフト&スモールバッチのアイリッシュウイスキーを作るべく、クーリーを離れて2012年に設立しました。アイルランドの蒸留所と樽の供給に関する契約を結び、今後使用する樽を長期にわたり確保することに成功。しかし、その後の展開を考え自ら蒸留することを計画します。ティーリング家はダブリンでウイスキーの生産が盛んだった1700年代に既にウイスキーの蒸留所を所有していました。そんな同家とゆかりがあるダブリン市内の有名なセントパトリック大聖堂から僅か500メートルの距離にティーリング蒸留所がオープンし、2019年にはついにティーリング蒸留所で蒸留された「シングルポットスティル」もリリースされました。


ボトラーズとしてアイリッシュウィスキーのボトリングを手掛けるとともに、2015年ダブリン蒸留所を開設、ダブリン・ウィスキーの伝統を引き継ぐ蒸留業者ともなっています。

Great Northern Distillery グレートノーザン蒸留所

グレートノーザン蒸留所は、ジョン・ティーリング氏(写真)が両蒸留所をビーム(現ビーム・サントリー社)に売却後に、クーリーと同じダンダークの地に2015年に新設した新蒸留所。


連続式蒸留器も設置してグレーンウイスキーも製造しており、他の蒸留所にグレーンウイスキーを供給している。

ポットスティル

連続式蒸留器

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

Category